WordTwitはWordPressに投稿したら自動的にTwitterにつふやいてくれるプラグイン。

 

しかし、これをVer.3.0にアップデートしてから動作しなくなった様なので調べてみると、設定をやり直す必要がある様だ。

 

1.WordPressの管理画面から、「WordTwit」→「WordTwit settings」をクリックする。

wordtwit_01

 

 

 

2.「Option」をクリックする。

 

 

wordtwit_02

 

3.「Admin panel language」を日本語へ変更する。

 

 

wordtwit_03

 

4.左下の「Save Changes」ボタンをクリックする。

 

wordtwit_05

 

 

ここからは、Twitterへ接続するための設定

 

5.あらかじめTwitterにログインしておく。

 

6.「WordTwit」→「アカウント」をクリックする。

 

wordtwit_07

 

7.「Configure on Twitter Now」をクリックする。

 

wordtwit_08

 

8.ツイッターのIDとパスワードを入力し、「Log in」ボタンをクリックする。

 

wordtwit_09

 

9.右上にある「Create a new application」をクリックする。

 

wordtwit_10

10.次の画面で情報を入力する。

 

  • Name:アプリケーションの名前

任意の物でいいが、既に名前が使われている場合はエラーが出る。その場合は別の名前に変更する。(例:WordTwit_1234)

  • Description:アプリケーションの説明文

任意の物でよい。(例:「ワードプレスから投稿自動投稿するアプリ」)

  • Website:自分のブログURL

自分のブログURLを入力する。

  • Callback URL:自分のブログURL

自分のブログURLを入力する。

 

wordtwit_11

 

11.下にスクロールして、規約を読んで、「Yes、I agree」にチェックを入れる。

 

12.CAPTCHAの文字を入力する。

 

13.「Create your Twitter application」をクリックする。

 

wordtwit_13

 

14.次に表示される画面の「OAuth settings」内の「Consumer key」と「Consumer secret」は後で必要になるので、コピーしてメモ帳などに貼り付けておく。

 

wordtwit_14

 

15.上段の「setting」タブをクリックし、「Application type」の「Access:」の項目を「Read and Write」へ変更する。

 

wordtwit_15

16.下にある青いボタンをクリックする。

 

 

再びWordPressのWordTwitに戻って設定

 

17.「オプション」の「Twitter OAuth Credentials」欄の「コンシューマー・キー」に先ほどコピーした「Consumer key」を、「コンシューマー・シークレット」に先ほどコピーした「Consumer secret」をそれぞれ入力(貼り付け)する。

 

wordtwit_18

 

途中次の様なダイヤログボックスが出た場合は「OK」をクリックする。

 

wordtwit_17

 

 

18.左下の「変更を保存」ボタンをクリックする。

 

wordtwit_19

19.「WordTwit」の「アカウント」をクリックする。

 

wordtwit_20

 

20.「アカウントを追加」をクリックする。

 

wordtwit_21

 

21.Twitterの画面に切り替わるので、「連携アプリを認証」ボタンをクリックする。

 

wordtwit_22

 

以上で設定は完了です。

 


WordやExcelなどのOfficeソフトのヘルプは画面右上のregedit_12の部分をクリックするとヘルプウインドウが現れます。

そして、キーワードを入れて検索していくと、その履歴が残ります。

regedit_06
今回は、この履歴を消去する方法。

通常の方法では消去する機能は備わったいないようなので、レジストリーに記録された値を直接削除する。

1.「スタートボタン」をクリックする。

2.「プログラムとファイルの検索」欄に「regedit」と入力する。

regedit_01

3.検索でヒットした、「regedit.exe」をクリックする。

regedit_02

4.レジストリーエディタが起動する。

regedit_03

5.HKEY_USERS\ユーザーごとのSID\Software\Microsoft\Office\14.0\Common\HelpViewer\MRU Query」 のパスをたどる。

ユーザーごとのSID に付いては後術   14.0はOffice2010の場合

6.そこに表示された、「Query1、Query2、・・・」という値が検索キーワードの履歴になる。

regedit_04

7.削除したい値を選択する。(全部消去したい場合は「Query1、Query2、・・・」すべてを選択)

8.右クリックする。

9.削除をクリックする。

regedit_05

10.「値の削除の確認」のダイヤログボックスが開くので、「はい」ボタンをクリックする。

regedit_07

11.値が削除されたら、「レジストリーエディタ」を閉じる。

regedit_08

12.Wordのなどを起動した、ヘルプを表示し、履歴が消去されている事を確認する。

regedit_09

ユーザーごとのSIDの確認方法

レジストリーエディタで、HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Protected Storage System Providerをたどりその中にある、

S-1-5-21-XXXXXXXX-XXXXXXXX-XXXXXXXX-XXXXXXX

がユーザーごとのSID

regedit_10

レジストリーの操作は誤るとWindows自体が機能しなくなる場合があるので、慎重に、自己責任でお願いします。


Adobe Flash、Android 4.1から非対応となり、2012年8月15日に新規インストール終了しました。

blogs.adobe.com/flashplayer/2012/06/flash-player-and-android-update.html

Google Playからも削除されました。

しかし、どうしてもインストールしたい場合、今なら次のところからアーカイブ版 がダウンロード出来る。

helpx.adobe.com/jp/flash-player/kb/228683.html

helpx.adobe.com/flash-player/kb/archived-flash-player-versions.html

ダウンロードしてインストールすることでOKだが、インストールするには、Google Play以外からダウンロードしたアプリ-ケーションのインストールを端末側で許可設定する必要がある。

私の場合はAndroid 4.0.3で正常に動作している。


KUMAOの押入TOP

  • 累積 577830
  • 本日 4
  • 昨日 74
  • 累積PV 2000506
  • 本日のPV 5
  • 昨日のPV 88
  • 現在の閲覧 0

カレンダー

2016年10月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

年間アーカイブ

Twitter

Get Adobe Flash player