» 2010のブログ記事

コメント投稿時に、画像もアップロードできるようにするWordPressプラグインはあまりないようである。

他にもComment-Imagesjk25kと言う物もみつけたが、私の環境ではなぜかうまく行かなかった。

ダウンロードはこちらから「Comment Image

オプションの説明

<Image selection field>

  1. Image selection field:画像選択フィールドの挿入方法
  2. Inject via WordPress hook:WordPressのフックを使用して挿入。
  3. Inject via Javascript:Javascriptを使用して挿入。
  4. Do not inject, manually added:自動的に画像選択フィールドを挿入しない。

「Do not inject, manually added」を選んだ時は、
「comment.php」のtextareaの下に次のコードを挿入。

<input type="file" name="image" />

<Image field label>

画像挿入欄の横に出る説明文を記入

<Thumbnail width>

表示画像の横幅を指定する。

説明にはJPGのみとなっていたが、そのほかにもGIF、PINもOKでした。
ただ、それ以外の形式のファイルの場合はエラーのなるので、plugin.phpの215行目付近を次の様にした。

default:
//$src_img = imagecreatefromjpeg($file);
    wp_die( ('添付画像は、JPEG形式でお願いします。') );
  }

これで、非対応形式のファイルの場合でもエラーにはならず、メッセージが出るようにはなったが、コメントの文章でだけは投稿されてしまうので改善の余地有り。


ユーザーのログイン履歴や行動を記録できるプラグイン。
Tamucha Collageさんのページを参考にさせて頂きました。

会員制サイトの管理に役立つ。

利用者のログインの状況やページの閲覧記録のほか、どの管理者がどの記事をいつ作成し、削除したかとか、いつユーザーを登録したかとか、管理画面での作業内容もと記録できる。

■Actions to monitor

  • File attachments (ファイルのアップロード操作を記録)
  • Audit Trail actions (Audit Trailの操作を記録)
  • Category management(カテゴリーの操作を記録)
  • Comment management (コメントの操作を記録)
  • Link management(リンクの操作を記録)
  • Post & page management(投稿とページの操作を記録)
  • Theme switching(テーマの切替操作を記録)
  • User profiles & logins (ユーザープロフィールの操作とログイン・ログアウトを記録)
  • Registered user page visits(ユーザーのページ閲覧を記録)

■Version display

  • Display versions when editing posts(投稿の編集履歴を表示)
  • Display versions in ascending date order

■Other options

  • Plugin Support(サポートする/寄付する)
  • Auto-expire after [XX] days (0 for no expiry) (XX日後に記録を自動削除(0で削除しない))
  • Ignore users (記録しないユーザーのuser IDを指定 )

Audit Trailの閲覧、設定やcsvダウンロードの権限は’edit_plugins’ と ‘audit_trail’の権限を持つユーザーが可能になっている。

<時差の補正>

時間の表示が9時間ずれていた。

管理ページの「一般設定のタイムゾーン」を「UTC+9」にしているのになぜかダメだ。

解決策として、
WordPressのトップにある「wp-settings.php」の35行目付近の記述を次のように変更した。

変更前

// Set default timezone in PHP 5.
if ( function_exists( 'date_default_timezone_set' ) )
	date_default_timezone_set( 'UTC' );

変更後

// Set default timezone in PHP 5.
if ( function_exists( 'date_default_timezone_set' ) )
	date_default_timezone_set( 'UTC+9' );
 

しかし、この設定変更は、Wordpresのバージョンアップを行った場合、再度同じ書き換えが必要。


<li><h2>ログイン</h2>
<?php if (is_user_logged_in()) : ?>
	Welcome! <?php global $current_user; echo $current_user->display_name ?>さん<br />
	ログアウトは &raquo; <a href="<?php echo wp_logout_url() ?>&amp;redirect_to=<?php echo esc_attr($_SERVER['REQUEST_URI']) ?>">こちら</a>
<?php else : ?>
	<form method="post" action="<?php echo wp_login_url() ?>?redirect_to=<?php echo esc_attr($_SERVER['REQUEST_URI']) ?>">
		<p><label for="login_username">ユーザー名:</label><br />
		<input type="text" name="log" id="login_username" value="" /></p>
		<p><label for="login_password">パスワード:</label><br />
		<input type="password" name="pwd" id="login_password" value="" /></p>
		<p><input type="submit" value="ログイン" /></p>
	</form>
<?php endif; ?>
</li>

ユーザー名、パスワードを8行目の⟨?php echo wp_login_url() ?⟩に渡す。
ログイン直後に管理画面へ移行しないようにするに、「redirect_to」というパラメータを与える。
ログインしたときと同じ表示ページに戻るように、⟨?php echo esc_attr($_SERVER[‘REQUEST_URI’]) ?⟩を指定する。

ログインに成功したら、ユーザー名を表示し、ログアウトへのリンクを張る。(4行目)


KUMAOの押入TOP

  • 累積 601078
  • 本日 8
  • 昨日 74
  • 累積PV 2034700
  • 本日のPV 8
  • 昨日のPV 85
  • 現在の閲覧 0

カレンダー

2017年6月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

年間アーカイブ

Twitter

Get Adobe Flash player