メモリーの余った部分をRAMディスクとして認識させ、Firefoxなどインターネットブラウザのキャッシュとして使。RAMディスクは読み書きが非常に速いのでブラウザの表示が快適にる。

ソフトはBUFFALOがBUFFALO RAMDISK ユーティリティーとして提供している物を使わせてもらう。

インストール時には特に設定を変える必要は無い。

インストールが完了して、設定表示画面が出たら、「詳細設定」をクリックする。

ram

ユーティリティ画面が出たら、「RAMDISKの確保」の選んで、「最大値まで利用」にして、簡単設定で、「Internet Explorerのキャッシュとして使う」「Frefoxのキャッシュとして使う」にチャックをいれて「OK」を押して閉じる、再起動する。

注:パソコンに積んであるメモリーの容量が小さい場合は、RAMディスクを大きくしすぎるとパソコンが遅くなる。

参考:http://kumogorira.blog79.fc2.com/blog-entry-587.html


コメント & トラックバック

No comments yet.

コメントする

KUMAOの押入TOP

  • 累積 655915
  • 本日 59
  • 昨日 49
  • 累積PV 2120485
  • 本日のPV 72
  • 昨日のPV 71
  • 現在の閲覧 0

カレンダー

2011年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

年間アーカイブ

Twitter

Get Adobe Flash player