メールにwinmail.datと言う名前の添付ファイルが付いてきた。

ウイルスではななそうだ。

この現象は次の様なときに発生するようである。

  • 送信者がOutlook 2003/2007 で、リッチテキスト形式 (HTMLメール)を送ったとき
  • 受信者がアウトルック系以外のとき
  • 画像ファイルやPDFファイルでは発生しにくいが、ワードやエクセルのどマイクロソフト製のとき

では、winmail.datを無理矢理開く方法。

専用ツールがある。

Winmail Opener

ダウンドーロはこちら。

http://www.eolsoft.com/download/

インストールが完了するとデスクトップにショートカットアイコンができるので、ダブルクリックする。

Winmail Openerが起動する。

winmail.datファイルをどらっぐ&ドロップする。

winmail.datファイルの内容が表示される。

添付ファイルも付いているのがわかる。

【Outlook 2003/2007 で送信側の対策】

  1. オプション→メール形式→文字設定オプション→エンコードオプションで送信メッセージのエンコード方式を自動選択するのチェックをはずす。
  2. オプション→メール形式→インターネットメール形式・Outlookリッチテキスト形式オプションでHTML形式に変換に設定する。
  3. オプション→メール形式→メッセージ形式→このメッセージ形式で作成するでテキスト形式に設定する。

コメント & トラックバック

No comments yet.

コメントする

KUMAOの押入TOP

  • 累積 666530
  • 本日 105
  • 昨日 117
  • 累積PV 2134733
  • 本日のPV 134
  • 昨日のPV 143
  • 現在の閲覧 0

カレンダー

2012年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

年間アーカイブ

Twitter

Get Adobe Flash player