» 2012 » 12月のブログ記事

WordやExcelなどのOfficeソフトのヘルプは画面右上のregedit_12の部分をクリックするとヘルプウインドウが現れます。

そして、キーワードを入れて検索していくと、その履歴が残ります。

regedit_06
今回は、この履歴を消去する方法。

通常の方法では消去する機能は備わったいないようなので、レジストリーに記録された値を直接削除する。

1.「スタートボタン」をクリックする。

2.「プログラムとファイルの検索」欄に「regedit」と入力する。

regedit_01

3.検索でヒットした、「regedit.exe」をクリックする。

regedit_02

4.レジストリーエディタが起動する。

regedit_03

5.HKEY_USERS\ユーザーごとのSID\Software\Microsoft\Office\14.0\Common\HelpViewer\MRU Query」 のパスをたどる。

ユーザーごとのSID に付いては後術   14.0はOffice2010の場合

6.そこに表示された、「Query1、Query2、・・・」という値が検索キーワードの履歴になる。

regedit_04

7.削除したい値を選択する。(全部消去したい場合は「Query1、Query2、・・・」すべてを選択)

8.右クリックする。

9.削除をクリックする。

regedit_05

10.「値の削除の確認」のダイヤログボックスが開くので、「はい」ボタンをクリックする。

regedit_07

11.値が削除されたら、「レジストリーエディタ」を閉じる。

regedit_08

12.Wordのなどを起動した、ヘルプを表示し、履歴が消去されている事を確認する。

regedit_09

ユーザーごとのSIDの確認方法

レジストリーエディタで、HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Protected Storage System Providerをたどりその中にある、

S-1-5-21-XXXXXXXX-XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

がユーザーごとのSID

regedit_10

レジストリーの操作は誤るとWindows自体が機能しなくなる場合があるので、慎重に、自己責任でお願いします。


KUMAOの押入TOP

  • 累積 605402
  • 本日 84
  • 昨日 80
  • 累積PV 2040918
  • 本日のPV 116
  • 昨日のPV 186
  • 現在の閲覧 0

カレンダー

2012年12月
« 9月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

年間アーカイブ

Twitter

Get Adobe Flash player