» Accessのブログ記事

見積ナンバーを入力するテキストボックスの更新前処理イベントを利用して、既に入力済みの見積ナンバーであるか否かをチェックした二重入力を防ぐ。
無視して続行するかどうかを選択するバージョン。

Private Sub 見積ナンバー_BeforeUpdate(Cancel As Integer)

    Dim msg As String
    Dim varV As Variant

    msg = "この氏名の社員は既に入力済みです。このまま入力を続けますか?"
    varV = DLookup("[見積ナンバー]", "T_見積", "[見積ナンバー] ='" & Me.見積ナンバー & "'")

    If Not IsNull(varV) Then
        Select Case MsgBox(msg, 17)
            Case 1
                Cancel = False
            Case Else
                Cancel = True
                Me.Undo
        End Select
    Else
        Cancel = False
    End If

End Sub

見積ナンバーを入力するテキストボックスの更新前処理イベントを利用して、既に入力済みの見積ナンバーであるか否かをチェックした二重入力を防ぐ。

Private Sub 見積ナンバー_BeforeUpdate(Cancel As Integer)

    Dim msg As String
    Dim varV As Variant

    msg = "この見積ナンバーは既に入力済みです。"
    varV = DLookup("[見積ナンバー]", "T_見積", "[見積ナンバー] ='" & Me.見積ナンバー & "'")

    If Not IsNull(varV) Then

       If vbOK = MsgBox(msg, 16) Then

         Cancel = False
         Me.Undo

    End If

  Else

    Cancel = False

  End If

End Sub

[AA-456-444]の様な文字列からハイフォンを取り除いて[AA3456444]の様にする。

具体的には[AA-456-444]と入力した物をAA3456444として検索したかった。
しかし、レポートには[AA-456-444]と表示したいので、入力はハイフォン有りでする必要があった。

で、フォームでフィールドAに[AA-456-444]と入力すると、自動的に同時でフィールドBに[AA3456444]という文字列も保存する。

つまり、フィールドAの更新後処理でReplace関数を用いて次の様にする。

Private Sub 番号_AfterUpdate()
  If IsNull(図面番号) Then
  Exit Sub
  End If
 [番号ハイフォンなし] = Replace([番号], "-", "")
End Sub

今回はハイフォンの除去だが、これで文字列の置換が出来る。


KUMAOの押入TOP

  • 累積 601078
  • 本日 8
  • 昨日 74
  • 累積PV 2034700
  • 本日のPV 8
  • 昨日のPV 85
  • 現在の閲覧 0

カレンダー

2017年6月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

年間アーカイブ

Twitter

Get Adobe Flash player