» facebookのブログ記事

このブログの右サイドにあるFacebook・Google+などのハイパーアプリクリエイターズへのリンクバッジの作り方。

TwitterのバッジはWordpressプラグイン「WP Followe Me」を使用している。

http://www.heartrails.com/ さんの 「HeartRails Badge」を使わせて頂く。

の続きを読む »


Google+の投稿をTwitterやFacebookに同期するChrome拡張の「SGPlus」と言う物がある。
SGPlus は、

  • Google+の投稿をtwitter、facebookに自動で投稿
  • Google+にtwitterとfacebookのタイムラインを取り込み

の機能があるみたいだが、Chromeからしか使えない。(Firefox版もあるみたいだが現在リンクが切れているようだ。)

実は、同時投稿を実現するには、2つのサービス連携する必要がある。

まずは、PlusFeedを使ってGoogle+の自分の投稿をRSS形式に変換する。

使い方簡単で、会員登録なども不要。

RSSフィードは下記のアドレスになります。

http://plusfeed.appspot.com/(Google+のID)

KUAMOのRSSフィールドは、
http://plusfeed.appspot.com/111849293246167091175
になる。 の続きを読む »


Facebookページは、Facebookユーザでなくても閲覧可能で、Googleなどの検索対象にもなる。

ところが!今日知り合いから「自分のページはログインしないと見られない。」
との相談があった。

で、その対処方法。

自分のFacebookページ左上の「Facebookページを編集」をクリックする。

開いたページの左メニューの「権限の管理」をクリックする。

表示された画面で、「国別の制限事項」の所を空欄にする。

相談主の場合ここに「日本」と書いていた。

また、その下に、年齢制限のところも「だれでも(13歳以上)」にしておくこと。

ここを設定してしまうと閲覧に制限がかかり、ログインを要求される事になる。

実は、このことは項目横のヘルプ「説明を見る」クリックすると説明がある。ただし英語

isted countries. Entering one or more countries means that logged out users will not be able to see your Page. If no countries are listed, your Page will be visible to people located in all countries. You understand that you are responsible for setting the proper country restrictions to ensure that the content of your Page is appropriate for the country or countries where you allow it to be visible.

簡単に訳すと

1つまたは複数の国を入力すると、ログアウトしたユーザーがページを見ることができなくなることを意味します。

言った内容。

年齢制限のところの説文は日本語で書かれていた。

年齢制限を選択すると、指定された年齢未満の人は、このFacebookページを検索や友達のプロフィールで見つけたり、その他の方法でコンテンツを見ることができなくなります。また、ログインしていないユーザーにも表示されなくなります。・・・後略

参考:  DIK 好感度マーケティング http://goo.gl/9qg2D


KUMAOの押入TOP

  • 累積 605402
  • 本日 84
  • 昨日 80
  • 累積PV 2040918
  • 本日のPV 116
  • 昨日のPV 186
  • 現在の閲覧 1

カレンダー

2017年8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

年間アーカイブ

Twitter

Get Adobe Flash player