» Google+のブログ記事

Gmailはクラウドシステムとしてすっかり定着した。

そして、メールデーターが外部に保存されていることから、自分のPCに障害が発生しても安心、パソコンを買い換えて時にも楽で、インターネットにさえつながっておれば、どのPCからでもメールの送受信が出来て言うことなしですが、万が一Googleのサーバーに障害が発生して場合データーがなくならない保証はない。

実際、昨年の2月に一部のデータが消失するトラブルがあった。

それなら、自己責任でバックアップをとるしかない。

Googleは「Gmail Backup」(最新版0.107)というバックアップ・ツールを無償提供している。

Gmail BackupのWebサイトで「gmail-backup-0.107.exe」をダウンロードする。

そしてインストールする。

※事前準備
Gmail側で「IMAP」を有効にしておく必要がある。

インストールが完了したら、デスクトップのショートカットをダブルクリックして起動する。

Gmail login: に、Gmailアドレスを入力。

Gmail password: にパスワード入力。

Backup folder: でバックアップ先のパスを指定する。

Newest email only のチェックを外してバックアップの期間を指定することもできる。

Since date: にバックアップを開始日付を選択
アカウント内のすべてのメールをバックアップしたいのであれば、「Since date」をアカウントを作成する前の日付を選択する。
Before date: にバックアップを終了する日付選択

これで、「Backup」ボタンを押すとバックアップが開始される。

バックアップ完了。(最初は結構時間がかかる。)

バックアップされたファイルを見ると、

個々のメールが、eml形式で保存されているので、他のメーラーでも中身を確認することができる。
ファイル名は「受信日時・送信者のアドレス・件名(英語のみ).eml」となり、タイトルが日本語では表示されないので探すのが大変かも。

2回目以降にバックアップする際は、差分バックアップとなる。

 

連絡先についてはGmailにエクスポート機能があるのでそちらを使う。


Google+にはFacebookや、mixiのメッセージの様に特定の人に宛ててメッセージを送る機能はない。

しかし、サークルに向けて投稿するのと同じそれぞれの人のサークル(一人だけ入ったサークル)を作って限定公開で送ればよい。
でも、この方法だと、個別のサークルが山ほど出来てしまい要領をえない。

この場合、「共有するサークルやユーザーを追加…」の欄にメッセージを送信したい相手の名前を直接入力する。

 

この時、その他のサークル名が入っていたり、「一般公開」になっていないことを念入りにチェックする。

「@」または「+」の後にユーザー名を入力する方法
内部に「@」または「+」の後ろにユーザー名を入力して行く。

こうすれば、どのユーザーに送信したのかも一目瞭然になり、その人にも通知が送信されるので確実に気づいてもらえる。

 

枠内にユーザーをユーザー名を入力して選択する。

 

公開範囲に自動的にユーザーが追加させる。

特定ユーザー宛に投稿できた。

相手の画面に通知される。

 

この方法は、コメント内でも使えるが、この場合は親機にの公開範囲に準ずるので注意。

 

注意:
@ユーザー名を入力する時、その前後に半角スペースを入れる必要がある。

文字を詰めたり、全角スペースを入れたりすると、ユーザー名は認識されない。

 


Google Plus Widget」でウィジェットを取得する。

http://widgetsplus.com/

「Get widget」をクリックする。

  • google+ ID に21桁の自分のIDを入力する。
  • Include update feed にチェックを入れる。(チェックを入れると、ウィジェットに最新の投稿が表示される。)
  • を入力する。
  •  に 高さを入力する。

の続きを読む »


KUMAOの押入TOP

  • 累積 601078
  • 本日 8
  • 昨日 74
  • 累積PV 2034700
  • 本日のPV 8
  • 昨日のPV 85
  • 現在の閲覧 0

カレンダー

2017年6月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

年間アーカイブ

Twitter

Get Adobe Flash player