» メールのブログ記事

メールにwinmail.datと言う名前の添付ファイルが付いてきた。

ウイルスではななそうだ。

この現象は次の様なときに発生するようである。

  • 送信者がOutlook 2003/2007 で、リッチテキスト形式 (HTMLメール)を送ったとき
  • 受信者がアウトルック系以外のとき
  • 画像ファイルやPDFファイルでは発生しにくいが、ワードやエクセルのどマイクロソフト製のとき

では、winmail.datを無理矢理開く方法。

専用ツールがある。

Winmail Opener

ダウンドーロはこちら。

http://www.eolsoft.com/download/

インストールが完了するとデスクトップにショートカットアイコンができるので、ダブルクリックする。

Winmail Openerが起動する。

winmail.datファイルをどらっぐ&ドロップする。

winmail.datファイルの内容が表示される。

添付ファイルも付いているのがわかる。

【Outlook 2003/2007 で送信側の対策】

  1. オプション→メール形式→文字設定オプション→エンコードオプションで送信メッセージのエンコード方式を自動選択するのチェックをはずす。
  2. オプション→メール形式→インターネットメール形式・Outlookリッチテキスト形式オプションでHTML形式に変換に設定する。
  3. オプション→メール形式→メッセージ形式→このメッセージ形式で作成するでテキスト形式に設定する。

Gmailはクラウドシステムとしてすっかり定着した。

そして、メールデーターが外部に保存されていることから、自分のPCに障害が発生しても安心、パソコンを買い換えて時にも楽で、インターネットにさえつながっておれば、どのPCからでもメールの送受信が出来て言うことなしですが、万が一Googleのサーバーに障害が発生して場合データーがなくならない保証はない。

実際、昨年の2月に一部のデータが消失するトラブルがあった。

それなら、自己責任でバックアップをとるしかない。

Googleは「Gmail Backup」(最新版0.107)というバックアップ・ツールを無償提供している。

Gmail BackupのWebサイトで「gmail-backup-0.107.exe」をダウンロードする。

そしてインストールする。

※事前準備
Gmail側で「IMAP」を有効にしておく必要がある。

インストールが完了したら、デスクトップのショートカットをダブルクリックして起動する。

Gmail login: に、Gmailアドレスを入力。

Gmail password: にパスワード入力。

Backup folder: でバックアップ先のパスを指定する。

Newest email only のチェックを外してバックアップの期間を指定することもできる。

Since date: にバックアップを開始日付を選択
アカウント内のすべてのメールをバックアップしたいのであれば、「Since date」をアカウントを作成する前の日付を選択する。
Before date: にバックアップを終了する日付選択

これで、「Backup」ボタンを押すとバックアップが開始される。

バックアップ完了。(最初は結構時間がかかる。)

バックアップされたファイルを見ると、

個々のメールが、eml形式で保存されているので、他のメーラーでも中身を確認することができる。
ファイル名は「受信日時・送信者のアドレス・件名(英語のみ).eml」となり、タイトルが日本語では表示されないので探すのが大変かも。

2回目以降にバックアップする際は、差分バックアップとなる。

 

連絡先についてはGmailにエクスポート機能があるのでそちらを使う。


メールの本文に表示される文字化けしている部分は、begin 644 hoge.CSVからはじまり、意味不明はアルファベットと記号が延々と続いている。

begin 644 hoge.CSV
M1’5E+61A=&4@(“Q03RUN8G(@(“Q,+$UA<FMI;F<@(“`@(“`@(“Q3=’EL92`@M(“`@+$-R+$-P+$QE;BQ3+$]R9&5R+”`@4F-V+”`@(%IA;BPL+”PL+”PL”C(PM,3`O,3`O,#$L,S`X,#8R-B`L,2PU-RTX.3E(4$TM03!&(“`L0S(Y+3(U,30@

M634L($,L(“`@+#,L(“`Q-C4L(“`@,S`L(“`@,3,U+”PL+”PL+”P*,C`Q,2\Q M,2\P-“PS,3DP.#$T(“PQ+#4W+3DQ,%=(54PM03%((“Q#,CDM,C4W.2`@+%DU E+”!$+”`@(“PS+”`@,30P+”`@(#(P+”`@(#$R,”PL+”PL+”PL”C4W `
end

最近は MIME のbase64 という形式という形式で添付することが多いので、受信された方のメールソフトが、UUENCODE に対応していないのが原因。

先方にその事を伝えて、再送してもらえばいいのだが、そうも行かない事がある。

で、自力でデコードする方法。

Vectorから「MIME base64 と uuencode デコーダプログラム Ver. 1.02」 をダウンロードして展開する。
http://www.vector.co.jp/soft/dos/util/se060969.html

  • DECODE.EXE   -> 16bit版、実行ファイル
  • DECODE32.EXE -> 32bit版、実行ファイル(別途DPMIサーバが必要)
  • DECODE.TXT   -> この説明ファイル

で構成されていて、DECODE.TXT に説明文がある。
かなり以前に作られた物のようで、公 開 日が1997/12/20となっていて、DOS用プログラム(懐かしい)となっているが、windows7 32bit 版では動いた。
しかし、64bit版ではダメだった。(当たり前か)16bitは試していません。

使い方は、コマンドプロンプトで

>decode   [デコードしたいファイル群]
もしくは
>decode32 [デコードしたいファイル群]

とするとデコードが開始される。

MIME base64とuuencode デコード


KUMAOの押入TOP

  • 累積 610613
  • 本日 92
  • 昨日 101
  • 累積PV 2048950
  • 本日のPV 130
  • 昨日のPV 133
  • 現在の閲覧 1

カレンダー

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

年間アーカイブ

Twitter

Get Adobe Flash player