» perlのブログ記事

開発環境をxamppで構築すると、perlのパスが、

 /xampp/perl/bin/perl 

となります。

でもこれでは使いにくいです。
ローカルの環境だけで動かすにはいいですが、レンタルサーバーにそのまま上げても動きません。

で、やっぱり、

 /usr/bin/perl 

としたい。

の続きを読む »


5.ActivePerl5

1.ActivePerlのダウンロード

http://www.activestate.com/
より
ActivePerl-5.10.0.1003-MSWin32-x86-285500.msi
(2008.5.22現在の最新バージョン)
をダウンロードする。

2.ActivePerl5のインストールと設定

・ダウンロードしたファイルActivePerl-5.10.0.1003-MSWin32-x86-285500.msi
をダブルクリックする。

・インストーラが起動したら「Next」ボタンをクリックして次へ進む。

・途中インストール先を変更する。
   C:\perl\
   変更↓
   C:\usr\local\

ここでC:\usr\local\を指定するとCGIスクリプトの先頭行に記述するローカルサーバのPerlへのパスは次のようになる。

#!/usr/local/bin/perl

使用するサーバーのPerlのパスが
#!/usr/bin/perl
の場合は
C:\usr\
にする。

そのほかには特に設定するところはない。

3.Apacheのhttp.confの変更

http://kumao.net/pc/2007/10/-webapache.html
を参照し変更をおこなう。

4.確認

ActivePerlが正しくインストールできたか確認してみる。
C:\usr\local\にインストールした場合、C:\usr\local\eg\にexample.plと言う名前のサンプルスクリプトがある。

1.コマンドプロンプトを起動する。
2.cd c:\usr\local\eg としてカレントディレクトリに移動する。
3.perl example.plと入力してEnterキーを押す。
4.Hello from ActivPerl!
C:\usr\local\eg>

と表示されたらインストール成功!!

5.念のために「perl -h」と入力してEnterキーを押す。
6.コマンドラインで使えるすべてのオプションが表示されるはずである。


KUMAOの押入TOP

  • 累積 610613
  • 本日 92
  • 昨日 101
  • 累積PV 2048950
  • 本日のPV 130
  • 昨日のPV 133
  • 現在の閲覧 1

カレンダー

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

年間アーカイブ

Twitter

Get Adobe Flash player