» 便利ツールのブログ記事

WordTwitはWordPressに投稿したら自動的にTwitterにつふやいてくれるプラグイン。

 

しかし、これをVer.3.0にアップデートしてから動作しなくなった様なので調べてみると、設定をやり直す必要がある様だ。

 

1.WordPressの管理画面から、「WordTwit」→「WordTwit settings」をクリックする。

wordtwit_01

 

 

 

2.「Option」をクリックする。

 

 

wordtwit_02

 

3.「Admin panel language」を日本語へ変更する。

 

 

wordtwit_03

 

4.左下の「Save Changes」ボタンをクリックする。

 

wordtwit_05

 

 

ここからは、Twitterへ接続するための設定

 

5.あらかじめTwitterにログインしておく。

 

6.「WordTwit」→「アカウント」をクリックする。

 

wordtwit_07

 

7.「Configure on Twitter Now」をクリックする。

 

wordtwit_08

 

8.ツイッターのIDとパスワードを入力し、「Log in」ボタンをクリックする。

 

wordtwit_09

 

9.右上にある「Create a new application」をクリックする。

 

wordtwit_10

10.次の画面で情報を入力する。

 

  • Name:アプリケーションの名前

任意の物でいいが、既に名前が使われている場合はエラーが出る。その場合は別の名前に変更する。(例:WordTwit_1234)

  • Description:アプリケーションの説明文

任意の物でよい。(例:「ワードプレスから投稿自動投稿するアプリ」)

  • Website:自分のブログURL

自分のブログURLを入力する。

  • Callback URL:自分のブログURL

自分のブログURLを入力する。

 

wordtwit_11

 

11.下にスクロールして、規約を読んで、「Yes、I agree」にチェックを入れる。

 

12.CAPTCHAの文字を入力する。

 

13.「Create your Twitter application」をクリックする。

 

wordtwit_13

 

14.次に表示される画面の「OAuth settings」内の「Consumer key」と「Consumer secret」は後で必要になるので、コピーしてメモ帳などに貼り付けておく。

 

wordtwit_14

 

15.上段の「setting」タブをクリックし、「Application type」の「Access:」の項目を「Read and Write」へ変更する。

 

wordtwit_15

16.下にある青いボタンをクリックする。

 

 

再びWordPressのWordTwitに戻って設定

 

17.「オプション」の「Twitter OAuth Credentials」欄の「コンシューマー・キー」に先ほどコピーした「Consumer key」を、「コンシューマー・シークレット」に先ほどコピーした「Consumer secret」をそれぞれ入力(貼り付け)する。

 

wordtwit_18

 

途中次の様なダイヤログボックスが出た場合は「OK」をクリックする。

 

wordtwit_17

 

 

18.左下の「変更を保存」ボタンをクリックする。

 

wordtwit_19

19.「WordTwit」の「アカウント」をクリックする。

 

wordtwit_20

 

20.「アカウントを追加」をクリックする。

 

wordtwit_21

 

21.Twitterの画面に切り替わるので、「連携アプリを認証」ボタンをクリックする。

 

wordtwit_22

 

以上で設定は完了です。

 


VMware Playerでなぜかとネットワーク(インターネット)に繋がらなくなった。

対処方法

コマンドプロンプトで VMWarePlayer のインストーラを以下のように実行する。

C:\Users\kumao\Desktop\VMware-player-4.0.3-703057.exe /e ext

「ext」フォルダに展開される。

 
さらに、その中の「ext」フォルダ「network.cab」を展開する。

 
展開したフォルダの中身は、

の4つ。

このファイルをVMWarePlayer インストールディレクトリ(C:\Program Files (x86)\VMware\VMware Player)にコピーまたは移動する。
(vmplayer.exeの入っているフォルダ。)

 

先ほどコピーしたファイルのひとつ「vmnetcfg.exe 」を起動する。
「仮想ネットワークの設定」が開く。

 

このなかで「ブリッジ」が自動ブリッジになっていたら、

ブリッジ先を指定する。

これで繋がった。


Windows8プレビュー版がリリースされた。

早速色々と試したいが、インストールする予備のパソコンが無いので、稼働中のWindows7上で仮想マシン「VMware Player」を使って実行する。

まずはWindows8プレビュー版のISOイメージを次の場所からダウンロード

Windows 8 Consumer Preview ISO イメージ

ここで、日本語版をダウンロードする。
34bit版と64bit版があるので注意する。

「VMware Player」のインストールについては、

仮想マシンを実行できる「VMware Player」

を参照ください。

まずは、「VMware Player」を起動する。

「新規仮想マシーンの作成」をクリックする。

「後でOSをインストール」を選択して「次へ」をクリックする。

ゲストOSで「Microsoft Windows」を選択し、バージョンは34bit版の場合は「Windows7」を64bit版の場合は「Windows7 x64」を選んで「次へ」をクリックする。

仮想マシーン名を「Windows 8」などに変更、インストール場所を指定する。
デフォルトでが、 「C:\Users\ユーザーー名\Documents\Virtual Machines\windows8」だが、ここでは「C:\Users\ユーザーー名\Virtual Machines\windows8」とした。

「仮想ディスクを単一ファイルとして格納」を選択し、「次へ」をクリックする。

「ハードウェアをカスタマイズ」をクリックする。

スライドバーの操作でメモリーを2GB以上に、

続いてプロセッサコアの割り振りで4コアに設定しておけば十分。その後「閉じる」をクリックする。

元に戻って、「完了」をクリックする。

メニューn戻るのでWindows 8を選択して「仮想マシーンの再生」をクリックする。

「OK]をクリックする。

この場面になったら、ウインドウ下の「CD/DVDの設定変更」をクリックする。

「ISOイメージファイルを使用する」を選択して、先ほどダウンロードしたWindows8のISOファイルを指定し、「OK」をクリックする。

「仮想マシーンの再起動」をクリックする。

インストールが開始される。

「次へ」をクリックする。

「今すぐインストール」をクリックする。

プロダクトキーを入力し、「次へ」をクリックする。

日本語版のプロダクト キー: DNJXJ-7XBW8-2378T-X22TX-BKG7J

同意するにチェックを入れて、「次へ」をクリックする。

「カスタム設定」を選択する。

「次へ」をクリックする。

セットアップが始まる。

背景の色を適当に選んで、任意のパソコン名称を入力して「次へ」をクリックする。

「簡単設定を行う」をクリックする。

Microsoft LiveIDのメールアドレスを入力して、「次へ」をクリックする。

パスワードを入力して「次へ」をクリックする。

セキュリティ情報を入力して、「次へ」をクリックする。

これでWindows8のインストールは完了。

続いて「VMware Tools」を導入する。「VMware Tools」を導入すること仮想マシンとメインマシンとの移動、ファイルの転送が可能となり、画面サイズの変更ができるようになる。

VMware Playerのメニューバーの「仮想マシン」をクリックし、「VMware Toolsのインストール」をクリックする。

Windows8のスタート画面の「エクスプロラー」をクリックする。

エクスプローラが起動するので、コンピュータを開いて、「DVDドライブ(D)」をダブルクリックする。

ユーザアカウント制御の警告が出たら「はい」をクリックする。

「次へ」をクリックする。

「標準」を選択し、「次へ」をクリックする。

「インストール」をクリックする。

インストールが「開始される。

「終了」をクリックする。

「はい」をクリックしてシステムの再起動する。

再起動が完了したら、windows8が起動する。

次回からは、この「VMware Player」のメニューから「Windows 8」を選択して、「仮想マシーンの再生」で起動する。

「VMware Player」は当然まだWindows 8には対応していないので、最初何度か失敗したが、この方法でうまくいった。


KUMAOの押入TOP

  • 累積 601078
  • 本日 8
  • 昨日 74
  • 累積PV 2034700
  • 本日のPV 8
  • 昨日のPV 85
  • 現在の閲覧 0

カレンダー

2017年6月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

年間アーカイブ

Twitter

Get Adobe Flash player