» wordPressのブログ記事

WordTwitはWordPressに投稿したら自動的にTwitterにつふやいてくれるプラグイン。

 

しかし、これをVer.3.0にアップデートしてから動作しなくなった様なので調べてみると、設定をやり直す必要がある様だ。

 

1.WordPressの管理画面から、「WordTwit」→「WordTwit settings」をクリックする。

wordtwit_01

 

 

 

2.「Option」をクリックする。

 

 

wordtwit_02

 

3.「Admin panel language」を日本語へ変更する。

 

 

wordtwit_03

 

4.左下の「Save Changes」ボタンをクリックする。

 

wordtwit_05

 

 

ここからは、Twitterへ接続するための設定

 

5.あらかじめTwitterにログインしておく。

 

6.「WordTwit」→「アカウント」をクリックする。

 

wordtwit_07

 

7.「Configure on Twitter Now」をクリックする。

 

wordtwit_08

 

8.ツイッターのIDとパスワードを入力し、「Log in」ボタンをクリックする。

 

wordtwit_09

 

9.右上にある「Create a new application」をクリックする。

 

wordtwit_10

10.次の画面で情報を入力する。

 

  • Name:アプリケーションの名前

任意の物でいいが、既に名前が使われている場合はエラーが出る。その場合は別の名前に変更する。(例:WordTwit_1234)

  • Description:アプリケーションの説明文

任意の物でよい。(例:「ワードプレスから投稿自動投稿するアプリ」)

  • Website:自分のブログURL

自分のブログURLを入力する。

  • Callback URL:自分のブログURL

自分のブログURLを入力する。

 

wordtwit_11

 

11.下にスクロールして、規約を読んで、「Yes、I agree」にチェックを入れる。

 

12.CAPTCHAの文字を入力する。

 

13.「Create your Twitter application」をクリックする。

 

wordtwit_13

 

14.次に表示される画面の「OAuth settings」内の「Consumer key」と「Consumer secret」は後で必要になるので、コピーしてメモ帳などに貼り付けておく。

 

wordtwit_14

 

15.上段の「setting」タブをクリックし、「Application type」の「Access:」の項目を「Read and Write」へ変更する。

 

wordtwit_15

16.下にある青いボタンをクリックする。

 

 

再びWordPressのWordTwitに戻って設定

 

17.「オプション」の「Twitter OAuth Credentials」欄の「コンシューマー・キー」に先ほどコピーした「Consumer key」を、「コンシューマー・シークレット」に先ほどコピーした「Consumer secret」をそれぞれ入力(貼り付け)する。

 

wordtwit_18

 

途中次の様なダイヤログボックスが出た場合は「OK」をクリックする。

 

wordtwit_17

 

 

18.左下の「変更を保存」ボタンをクリックする。

 

wordtwit_19

19.「WordTwit」の「アカウント」をクリックする。

 

wordtwit_20

 

20.「アカウントを追加」をクリックする。

 

wordtwit_21

 

21.Twitterの画面に切り替わるので、「連携アプリを認証」ボタンをクリックする。

 

wordtwit_22

 

以上で設定は完了です。

 


iframeタグを使うと自動的に削除され、反映しな場合の対策。

functions.php
に次のコードを追加する。

function extended_enable_elements($init) {
$init['extended_valid_elements']="iframe[src|width|height|name|align|style|scrolling|marginwidth|marginheight|frameborder]";
return $init;
}
add_filter('tiny_mce_before_init', 'extended_enable_elements');

最近Google Chromeを使い出した。
そして、この「KUMAOのPC備考録」を見ると「SyntaxHighlighter Evolved」が動いていなかった。

原因不明?

いろいろなタグやコードを消してみたり試しました。

結局、アマゾンの広告を消したら動き動きました。

iframeタグが悪かったみたいです。

どうしようのないのでアマゾンの広告を消しました。


KUMAOの押入TOP

  • 累積 615258
  • 本日 11
  • 昨日 73
  • 累積PV 2056314
  • 本日のPV 19
  • 昨日のPV 211
  • 現在の閲覧 0

カレンダー

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

年間アーカイブ

Twitter

Get Adobe Flash player